人と暮らし合うって、楽しさと葛藤のどっちが多いの?

4月みちみち会のテーマは「片付けとシンプルに生きる」
先日の会では、「シンプルに生きる」を超えて、「人と暮らし合う」ってどんなこと?楽しさと葛藤、どっちが多いの?という問いへ至りまして。
っていうのはですね、今月は先月に引き続いてコンマリさんのNetflixお片づけシリーズを見ながら進めてるんですけどね、これって全部「カップルやファミリー」の片づけがテーマなんですよ。
で、一人暮らしの人が、
「今の自分は、非常にシンプルに片付けて、風通しが良い部屋で問題なく暮らしているけど、同居人がいたらどうなるんだろう?どう折り合いをつけるんだろう?」という疑問を持つようになられたんです。

で、風通しが良いって、物理的に風が通るという意味だけではなく、つまり「相手との関係性のありかたがどうか」と言うことなんですよね。
相手が入ってくるスペースを、心を開いて持っているか、相手の存在を許しているか、受け入れているか。

その観点で言えば、一人暮らしだろうが誰かと暮らしていようが、「風通し」は良くも悪くもなるわけです。

ご存知の通り、私とオット、過去にはスッタモンダがありましたが、当時の家は片付いていたと思うけれど、風通しは相当悪かったと思うんですよ。

それで、共に暮らし合う中での葛藤と楽しさって、どっちが多いんですか?とも聞かれたんですが、葛藤が多い分だけ気づきも多いと答えたいし、ひいてはそれが「楽しい」に繋がっているのではないかと前向きに考えたい。
それこそが変化の醍醐味なのではないかと。

みちみち会の最後では、その問いを持った方が、
「これまでは一人で暮らすのが良いって(無理やり)思っていたけど、これからは誰かとのパートナーシップを経験してみたいというのが素直な気持ちかも。そんな境地に今私はなってるって気がついた」おっしゃってました。

ほんと、誰かと暮らすって実にヤッカイで面倒だけど、それを乗り越えた先には楽しさが広がっていると思いますよ。

ちなみに、910では好きや嫌いに関わらず、こんなこともさせられます。
暮らし合いで可能性は広がる!謎!!

 

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?