自分より10歳年上、10歳年下の友人を持つということ

「自分より10歳年上、そして10歳年下の友人を持て」と教わってきたけれど、最近は(10歳を遥かに超えた)20歳以上年長の先輩方と交流して、その「あり方」を見せていただく機会が多い。そして、そのセンパイ方からケタ違いな世界観を見せていただく度に、それは「激しい刺激」として自分に向かってくるのです。
10〜20年先のビジョンを持つことは大事だけど、そんな先のこと、実際どうなってるかなんて、わからない。
ということは、活き活きとその年代を生きている人と接して、その肌感覚を体感させてもらうことが、ビジョン(あり方)を持つことになるんだなぁと、その度に思う。

同時に、年上だけでなく年下の友人を持つことが大事なのは、刺激をもらうだけではなく、自分も同様に刺激を「与える」存在となっているか、という自分への問いかけのため。

先日はクラプトンのコンサート(74歳)、日曜葉山のヨットクルーズ(70歳)、4月初めにお尋ねしたご夫婦(72歳)。どれも桁違いの世界観だったけど、同じようになりたいというのではなく、自分がありたい姿に向かってビジョンをクリアにしていきたいと思う。
「なにもの」かになろうというのではなく、自分がありたい自分になっていく。
それこそが、「これでいいのだ」と言える自分のことなのだ。

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?