Vision Questが目指す「まなび」とは、大事なことに気づくこと。

以下の詩は、ドロシー・ロー・ノルトさんというアメリカの教育学者の方の詩です。

自分に正直になったとき、大事なことに気づく
本気で何かをしているとき、大事なことに気づく

自分に正直になったとき、大事なことに気づく
本気で何かをしているとき、大事なことに気づく
捨ててもいいと思ったとき、大事なことに気づく
変わってもいいと思ったとき、大事なことに気づく
少し待とうと思ったとき、大事なことに気づく
人に頼るのをやめたとき、大事なことに気づく
思いがけないところで、大事なことに気づく
思いがけないときに、大事なことに気づく
じっと見つめたとき、大事なことに気づく
じっと聞いたとき、大事なことに気づく
新しい人に出会ったとき、大事なことに気づく
人を責めるのをやめたとき、大事なことに気づく
失敗し、失望したとき、大事なことに気づく
違う道を選んだとき、大事なことに気づく
大事なことに気づくのは難しいことじゃない
いつも心を開いていたい
いつも耳を澄ましていたい
そうすれば
あなたは気づく
あなたは出会う
本当の自分に

ドロシー・ロー・ノルト

この詩には、「大事なことに気づくのは難しいことじゃない」と書いてありますが、本当にそうでしょうか?

私たちは、普段、大事なことに気づくことが難しい時間の流れに身を置いているように感じます。
私たちは、慌ただしい日常生活の中で、つい「大事なこと」を見過ごしてしまいがちに感じます。

この詩には、たくさんの「大事なことに気づくとき」が挙げられていますが、大事なことは、本当は、日常の何気ない場面に潜んでいるのだと伝えているように感じます。

Vision Questでは、
日常から少し離れてじっくりした時間を持ち、
自分に向き合い、
自分を大事にしながら他人と考えや想いを分かち合う時間を通して、
大事なことに気づくチカラを共に育てていければと考えています。

【はぴきゃりアカデミー Vision Quest校】
統計心理学i-colorが伝える素質をもとに、自分と他人を認め合い、受け入れ合い、素質を活かし合いながら、可能性に満ちた自分の人生を自由に生きるためのプログラム

【Vision Quest校 i-color体験会】

【QUEST研修】
自分の人生を見つめ直し、自分たちらしい家族に向けて新たな一歩を踏み出すためのプログラム

【みちみち会】
自分が満ちるための大事な心のお手入れの時間