【開催終了】Vision Quest落語なにナンデ?〜米朝一門若手噺家との聴く・知る・話すの会〜

落語、聴いた事ありますか?

落語会、行った事ありますか?
落語って「つまらない、古い」なんて思ってませんか?
かく言う私も以前はその一人。理由もなく、興味がなかったのです。
が、とんでもない!
落語って、聴きながら泣いて笑える、笑って泣ける臨場感あふれるライブ。
舞台と客席の距離感めちゃ近い中、話も毎回変わる、同じネタでも人によって変わる、こちらの聴き方や状態でも変わるという、とても面白い生きた芸術なんです。

聴いているうちにいつの間にか粋で賢く優しくなれる、そんな効能があるとさえ思われる落語の会をVision Questで開催していくことになりました。
2月を皮切りに年4回にわたって米朝一門の若手噺家さんをおひとりずつお招きします。
新進気鋭の若手噺家さんの落語を聴き、落語の豆知識を増やしながらVision Quest真骨頂である交流会を通じてご縁を広げていく。
交流会ではもちろん噺家さんも一緒です。
落語初心者の方にとっては、年間通じて聞くことで落語のトリビアを身につけいつの間にか落語通になれるような流れになっています。
落語通の方にとっては、噺家さんのライフストーリーを通じて知る落語が、これまでとは違う新しい落語の世界を見せてくれるのではないかと思います。

第1回目にいらしてくださる噺家さんは、桂團治郎さん。
團治郎さんは、平成21年に落語家を目指して米朝一門桂米團治師匠の一番弟子として入門したものの、落語のお稽古のみならず、師匠のお父上である昨年3月に他界した米朝師匠の介護をも最後までやりとげたという米朝一門の最年少。
交流会では他では聞けないどんな「ここだけ話」が聞けるのか楽しみですね。

【日時】2月27日(土)12時開演〜16時頃終了予定。
【参加者】20人限定
【開催場所】東逗子#910
★東逗子#910は横須賀線東逗子駅徒歩5分のところにあります。
【参加費】4,000円(交流会込)
※お茶、上菓子とお土産をご用意しています。
※万が一、 落語会のみ希望の方はおっしゃってください。
ただし、交流会のみの参加はご遠慮頂いております。

 

【当日の予定】
12時〜13時過ぎまで:落語二席
13時半〜16時:團治郎さんのココだけ話&交流会
※定時開演を予定しておりますが、会の性質上、開演時間が後に少しずれる可能性もございます。
ご了承くださいませ。

【お願い】大変申し訳ありませんが、今回は未就学のお子様はご遠慮頂いております。
別途、親子で楽しめる落語会などの企画を設けますので、その機会を楽しみにお待ちくださいませ。

【キャンセルについて】
準備、手配の関係上、2月24日18:00以降のキャンセルに尽きましては全額頂きますのでご了承ください。
キャンセル料は、後日お知らせする口座までお振り込み願います。

お申し込みはコチラのフォームからお願いします。

道順などの詳細はお申し込みくださった方に別途直接ご連絡いたします。
20人限定の少人数の会ですので、お早めにお申し込みください。

【桂團治郎さんのプロフィール】
http://www.beicho.co.jp/profile/pdf/pdf_danjiro.pdf
●本 名  溝口 勝也
(みぞぐち かつや)
●生年月日   昭和63年11月5日
●出身地  大阪府 吹田市
<経歴>
平成21年 4月  桂 米團治に入門
平成21年 7月 大阪TORII HALL 「TORII寄席」にて初舞台
<趣味>
舞台鑑賞、日舞、殺陣
<スポーツ>
サイクリング、スノーボード、ハイキング
<セールスポイント>
米朝一門の最年少ですが、身長は一、二を争います。
でかさのせいなのか年齢の割には老けて見られますが、若者らしく元気な落語で、皆様に楽しんでいただけるよう日々邁進しております。
色々なネタを覚えて、いずれは師匠・米團治のような華のある落語家になれるよう努力して参ります。
芝居にも興味を持っているので、落語以外の事にもどんどん挑戦していきたいと思っております。
皆様どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?