ここのつバーファイナル感謝・みんな本当にありがとう!

9月9日、たくさんのお客様と一緒に感動と興奮でファイナル終えることが出来ました。本当に感謝のひと言。
元を辿れば、長年の夢「バーのママ」が実現したのは去年の7月31日。
思いつきで口にしたのがトントンと実現に至り、思いの外楽しい場を作れた流れで毎月9日の定期開催を決め、ドキドキの初回から1年、14回に渡って続けることが出来ました。

今回は、ファイナルということで地元鎌倉の常連さんが「お疲れ様」を言うために来てくれたのはありつつも、統計心理学i-colorの学びの仲間が子連れ、仕事帰り、遠方(遠くは山梨!)から同窓会のように集まってくれたり、ファイナルには関係なく「ずっと気になっていたので来てみた」という方もあったり、まさにこれまで通りの「ここのつバー」のあり方でした。

◉ここのつバーで実現したかったことは、たまたま隣に座った「初めまして」の人とも気が合って話がはずむ、会いたいと思っていた人にも会える場作り。

◉お客様をお迎えする時に「おかえりなさい」の言葉から始めたのは、数時間のことでも自分の心がほっと安心して人との温かい交流を感じ、笑い合える空気にしたかったから。

◉看板メニューを「おかみさまカレー」にしたのは、かつて皆の「女将」と親しまれ今は天に召された田島の女将直伝カレーをたくさんの人に食べてもらって幸せになって欲しかったから。

◉ここのつバーを「#910(ここのつ島)の出島」と呼んでいたのは、#910 で感じられる拡大家族的繋がり感を短い時間でも味わってほしかったから。

いろいろな個人の思いが詰まったここのつバーでしたが、ご縁を創り出すのがやっぱり私の天職かもという思いを新たにできた1年でもありました。(私の裏肩書きは「ご縁会長」だしw)

次のここのつバーは、この時間を経験された方、されなかった方、いろんな方のアイデア・リクエストからバージョンアップして再開する予定です!(再開時期・場所はこれから♡)

そして最後に。一年間ここのつバーを開かせてくれたFIESTAのYuko Obataちゃんに、心からのありがとう。
ゆうこちゃんの度量の大きさがなかったらこの場は実現しなかった。

本当にみんなありがとう!みんな大好き!

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?