7/17(祝・月)ゆるハイク第3弾 海の日には逗子の海で吟行を

「ゆるハイク」第3弾。
夏本番の7月17日海の日、#910の地元・逗子の海を舞台に吟行句会を行います。
今回は、逗子海岸で集合し、散策というより海遊び!
是非皆様にはビーチサンダルをお持ち頂いて砂浜を遊んで頂きたいと思っております。
日差しを全身に浴び、渚のきらめきと海風を頬に感じ、日焼け止めの甘い香りが混じる潮の香りを嗅ぎながら五感を総動員して味わう。ひたすら五感を解放しましょう。

句会は、逗子ビーチ渚橋から徒歩1分のサクラヤマパーラーで行います。
逗子海岸の太陽の季節碑集合。逗子駅から逗子海岸へ向かう道を歩きながらも、たくさんの湘南の空気感を感じて下さいね。いろいろな形の「夏」を見つける事が出来ると思います。
また、事前に逗子界隈のオススメランチのお店、そして「夏の季語のヒント」などをお知らせしようと考えていますので、早めに来ての寄り道・散策も含めてお楽しみください。

また、ゆるハイクへ参加された方は、後日Facebook上のグループページ「ゆるハイク談話室」へ参加できるようになります。(希望制)
日々の忙しい生活の中でも、ふと感じた瞬間を詠んだ句を気の向いた時に投稿したり、俳句に関する質問、お互いの感想などをシェアできる場となっており、投稿された句には、海芋さんがゆるく添削指導もしてくれています。

また、会の詳細や前回の様子は以下のブログをご参考ください。
第2回 春の鎌倉(由比ヶ浜)

第1回 秋の神武寺(東逗子)

以下、野崎海芋さんからのメッセージです。

:::::::::::::::
人が集まってお互いの句を読み選び合うことを、「句会」といいます。
どこかへ出かけて俳句を作ることを、「吟行」といいます。
今回は、逗子の海を歩いた後に、句会を行う「吟行句会」。

※句会はカフェの貸し切りスペースで行います。
決まりごとや文法の知識よりも、まずは「座」を共有するということが、俳句を楽しむ第一歩です。
ハイク&俳句をゆるく楽しむ「ゆるはいく」の会、ぜひご一緒に楽しみましょう。

【野崎海芋】
「澤」俳句会同人、小澤實に師事。2007年「澤」新人賞受賞。横浜市在住。
::::::::::::::::::::::
【イベント詳細】
■日時:7月17日(祝)
■集合13:00
※逗子海岸渚橋「太陽の季節記念碑」集合。
お昼をお済ませの上でお集りください。
■終了16:00(状況によって多少前後する可能性があります)
■会費:4,000円(お飲物とお菓子、俳句理解を深める資料付き)
■持ち物:筆記用具、飲み物、雨具(天候次第)
■会の流れ(イメージ)
集合(逗子海岸渚橋「太陽の季節記念碑」)→逗子海岸を散策・海遊び、季語探し(コースはお天気により変更の可能性もあります)→逗子桜山パーラー→俳句作りチャレンジ!→休憩→句会
※桜山パーラー到着後、軽食を頂きながら句を書き、句会を進めます。
ご参加ご希望の方は、以下お申込みフォームからお申込みください
※イベントタイトルは「ゆるハイク」とご入力ください。



【キャンセルについて】
資料・軽食などの準備手配の関係上、7月15日(土)18:00以降のキャンセルについては2,000円を、7月16日 (日)18時以降のキャンセルについては全額のご負担をお願いしております。
※キャンセル料は、後日お知らせする口座までお振り込み願います。ご理解の程よろしくお願いいたします。
::::::::::::::::::::::
ご不明点あればお気軽にお問い合わせください。
ゆるく、気楽に、楽しく、みんなで俳句にチャレンジしてみましょうー

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?