奇跡が起きるタイミングでは、人は頭で考えて行動しない

3月18日は「湘南・三浦半島で2拠点ライフを実現するオモロー的最新不動産活用法」セミナーにて登壇者としてトーク。(会場は逗子駅から徒歩2分のコワーカーズキッチン
私が長年願っていた「いつか湘南に暮らした」という夢が一気に現実になった奇跡の流れについて思う「大事なtip」を少しだけお話しさせていただきました。

奇跡が起こるときはものすごいタイミングでやってくること、流れにはしっかり乗ること、人生は一瞬にして思いがけない(望ましい)方へ変わると言うこと。

4年前に起こった奇跡の流れは今から振り返ってもすごいのですが、このことは、自分の実体験として、そしてこれから生きる上でもしっかり胸に留めて置こうと思っています。
ちなみに、ああいう時って、とにかく瞬発力、行動が先で、頭でアレコレ考えることはほとんどしていなかったと思います。
本能的に次の行動を取捨選択してる感覚でした。

今回は持ち時間が短かかったので、その裏話やそこに隠されるいくつかのポイントについてじっくり話しきれなかったのが痛恨。その機会は別途また企画したいです。
湘南と東京の2拠点生活を初めてちょうど4年が経ちますが、最近は湘南エリアの親しい友人が増え、自分らしい暮らしが実現できていると思っています。
2拠点、湘南暮らしに興味のある方がたくさん来てくださいましたが、もっと自由な暮らし方を選ぶ人が増えるといいなと思っています。

投稿者プロフィール

ここの
ここの
Vision Quest主宰
東逗子#910(ここのつ島(とお))オーナー
はぴきゃりアカデミーVision Quest校主宰 

大学卒業後就職した会社を、妊娠を機に退職。子育てを中心に働きながら、自分の心の声を無視した仕事や家庭を顧みない夫との関わりから人生に行き詰まる。これをきっかけに、「自分とは何か?」という問いに向き合い始める。自己を知るプロセスで夫との関係性が再構築され始めると同時に、“湘南に暮らす”という長年の夢が蘇って、江ノ島のシェアハウスに単身入居。(以降、東京自宅との2拠点生活)
翌年「東逗子シェアハウス#910(ここのつ島)」を建て、“拡大家族”をコンセプトに住人と暮らし合う。
現在は、#910での暮らし・学び・遊びを柱としたVision Quest活動を通じて、“人生の可能性の扉を開く場”をつくっている。
i-colorオレンジ。

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?