【みちみち会】心の休め方

11月のテーマは「心の休め方」。

生きているからこそ反応する、そんな心と体の大事なサインである「ストレス」。

このストレスとうまく付き合うことを「ストレスコーピング」と言いますが、今月は「コーピングリスト」を作ってみました。

私のコーピングリストには、例えば、・本棚の本の並びを変える

・丁寧に淹れたお茶と一緒に豆大福を食べる

・タンスの服を断捨離してきれいにたたみ直す

・今度はどこに旅行しようか妄想する

・「時間はたっぷりある、急がなくて大丈夫」と口に出して言う

 などなど、リラックス系、完了スッキリ系、ワクワク系、気分転換系、などのジャンル別に合計100個あまりが上がっています。

このリストを作成するときのコツは、

・お金や時間をかけない
・他人をまきこまない
・最低でも100個あげること。

同時に、これを行う時に意識をそこに向けることも大事なポイントです。

自分は今、自分が大好きなことをしているのだと意識することにとても意味があるんです。
そして、このようなリストは、気持ちに余裕がある時に作っておくことをオススメします。

 なぜなら。。。

疲れたなと感じた時って思考が働かないですよね。

で、結局いつもお決まりのパターンでストレス発散という流れになりがちです。

でも、パターンを崩した時にこそ、違う豊かさや可能性が生まれるものなのです。 

さて、みんながそれぞれに作ったコーピングリストをシェアして思うのは、「日常生活が私たちに与えてくれる豊かさ」について。

私たちがいかに当たり前の生活によって癒されているか、ですね。

自分の居場所を整え、そこでの時間を充実させること。
それはすなわち、自分を大切にすること。

「日常生活」を軽く見てはいけないと、つくづく感じます。

小さな工夫を重ねながら、自分の大事な時間を豊かに満たしていきたいですね。 

投稿者プロフィール

ここの
ここの
Vision Quest主宰
東逗子#910(ここのつ島(とお))オーナー
はぴきゃりアカデミーVision Quest校主宰 

大学卒業後就職した会社を、妊娠を機に退職。子育てを中心に働きながら、自分の心の声を無視した仕事や家庭を顧みない夫との関わりから人生に行き詰まる。これをきっかけに、「自分とは何か?」という問いに向き合い始める。自己を知るプロセスで夫との関係性が再構築され始めると同時に、“湘南に暮らす”という長年の夢が蘇って、江ノ島のシェアハウスに単身入居。(以降、東京自宅との2拠点生活)
翌年「東逗子シェアハウス#910(ここのつ島)」を建て、“拡大家族”をコンセプトに住人と暮らし合う。
現在は、#910での暮らし・学び・遊びを柱としたVision Quest活動を通じて、“人生の可能性の扉を開く場”をつくっている。
i-colorオレンジ。

“【みちみち会】心の休め方” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?