i-color Vision Quest 相手のココが理解できない!を解消する〜パートナーシップ 1day特別セミナー〜

 どーして、そーゆー時にそーゆーことするわけ?
 なんで何回言ってもわからないかなぁ。。
 せっかく手伝ってるのに、そのやり方じゃダメだとブチギレされる。。。 

そんな夫婦やパートナー間のよくあるやりとり。

夫婦やパートナーって、関係が健全であれば頼れて安心できる存在なのに、一歩間違えると心を病ませる悩みの種。

でもね。

そもそも一緒にいる時間も少なくて、お互いのことを知っているようでいて知らないのが夫婦。

だから、コミュニケーションのズレが起こるのも不思議じゃないんですよね。

私自身、離婚を決意したオットとの関係をどん底から立て直した経験を振り返っても、一番必要だったのは自分と相手の価値観の違いを知るだったなぁ、と。

そんなとき、i-colorがたくさんのことを気づかせてくれたんです。

**i-colorとは、人間行動を理解するためにはぴきゃりアカデミーが開発した統計心理学のツールです。
i-colorを使うことで、人が生まれながらに持つ強みや素質、価値観を客観的に知ることができます。また、いつの間にか身につけてしまっている物の見方やフィルターに気づくことによって、他者をより深く理解できるようにもなります。

>>あのオットの行動は、そういうところから来る行動だったのか。。。

>>そうされてモヤモヤする私の気持ちは、自分のこの素質からくる気持ちだったのか。

など。

イライラの原因だったオットとの関係性が改善し、安心で頼りになる存在になった今となっては、一人でも多くの人が、家庭の中に心地よい空間を持てるようになってほしいと願っています。

ということで今回は、

どうやったらお互いの関係性は改善に向かうのか。

よくある夫婦間のモヤモヤを、

統計心理学i-colorを使って紐解きながら、

改善に向かうためのTipをお伝えする「パートナーシップ特別版」を開催します。

パートナーシップで悩んでいるすべてのみなさんへ。

「頑張る」方向を少し変えてみるだけで、大きな変化が生まれます。

諦める前に、まだまだやれることはあります。

実際に、i-colorを知ったことで関係性が劇的に改善された方も多数いらっしゃいます。

今回は、オットのアキラも参加しますので、オット(男性)目線、ツマ(女性)目線の両方で話ができる機会かとも思います。

ご参加お待ちしています。

【セミナー概要】「パートナーシップ特別版」

開催日】3月14日(土)12時~15時 
 【開催場所】東京ハウス(丸ノ内線新大塚徒歩7分)
    *アクセス詳細は、参加の申し込みをされた方に直接お知らせします。
 【参加費】3,500円(お茶菓子付き)
  *参加費は当日受付にて集めさせていただきます。
 【参加者特典】ご本人とお相手の方のi-color診断、i-color My Book 簡易版、
 価値観3グループ解説シート  

参加ご希望の方は、こちら↓↓のフォームからお申し込みください。(パートナーの方の生年月日は、備考欄にご入力ください)

i-color Vision Quest パートナーシップ 特別版1dayセミナー お申し込みフォーム

投稿者プロフィール

ここの
ここの
Vision Quest主宰
東逗子#910(ここのつ島(とお))オーナー
はぴきゃりアカデミーVision Quest校主宰 

大学卒業後就職した会社を、妊娠を機に退職。子育てを中心に働きながら、自分の心の声を無視した仕事や家庭を顧みない夫との関わりから人生に行き詰まる。これをきっかけに、「自分とは何か?」という問いに向き合い始める。自己を知るプロセスで夫との関係性が再構築され始めると同時に、“湘南に暮らす”という長年の夢が蘇って、江ノ島のシェアハウスに単身入居。(以降、東京自宅との2拠点生活)
翌年「東逗子シェアハウス#910(ここのつ島)」を建て、“拡大家族”をコンセプトに住人と暮らし合う。
現在は、#910での暮らし・学び・遊びを柱としたVision Quest活動を通じて、“人生の可能性の扉を開く場”をつくっている。
i-colorオレンジ。

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?