ぜんぶ大丈夫、みーんな順調だから!

前回のお便りで「6周年記念感謝の気持ち30分セッションプレゼント」をご用意したところ、思いがけずたくさんの方からご連絡をいただきまして、約2週間、はじめまして♪の方、久しぶり!の方と、毎日たくさんお話をさせていただきました。

そこで、

セッション受けた人、受けてない人、みんなに伝えたいことは、

ぜーーーんぶ大丈夫だから!

そのままで、なーーーーんにも間違ってないから!

ってこと。

今回のセッションに限らず、普段からたくさんの人とお話をしますが、

人ってやっぱり、人の役に立ちたい、人に気に入ってもらいたいという気持ちがどこかにあるもんですよね。

だから、人は、いろんなことに注意深く気をつけて、

素直な自分の気持ちのままにアクセル踏んだり、他人の反応を見ながら「出し過ぎた!」とブレーキかけたりしている。

人の期待に応えようとがむしゃらに全力疾走しているうちに、自分が本当はどこに行きたいのか、どこで何がやりたかったのかがわかんなくなっちゃったり。

そのループ、本当にあるある、です。

でも、だいじょうぶ。

みんな、自分が本当は何を大事にしたいのか、心の中では実はわかってるんです。

ただ、自分の心が本当はいったい何に反応するのか、心の感覚がどこで動くかを教えてくれる心のセンサーが油切れを起こしている、それだけのこと。

そのセンサーは、とても大事なものなのに、ついお手入れ不足になりがちで。

なので、今回は統計心理学i-colorで素質や価値観の分析をしながら、

「それは、あなたが本来持っている素質・価値観からくるものだと捉えてみたらどう思う?」というアプローチで紐解きながら、心のセンサーのお手入れをしてみました。

自分が大事にする価値観というものは人それぞれ違います。

でも、その価値観の根っこがわかると

「自分のモヤモヤポイントはここだったのか!?これまで考えたこともなかったけど、言葉にされてみると確かにそうかも!」

「自分が気になっていることの本質はここにあったのか」

と納得できたりするんです。

心のセンサーが動くことで、新しい視点、考えるヒントも得られるものです。

ほんとに毎回思います。

みんな、自分の素質通りに生きてきているし、時間が経っても、本質的なものは変わらない。

だからこそ、

今起こっているその体験は、「あなたが何を大事にしたいのか」を教えてくれるために起こっている。

そう信じて、心のセンサーを動かしてみて欲しいです。

起こる出来事は偶然のようでいて全て必然なタイミングで起こっていますしね。

なんとかしなきゃというより、実はそのままでいいんだと思いますよ。

ほんと、ぜーんぶ、そのままでだいじょーぶだから。

i-color Vision Quest講座とは

i-color Vision Quest講座 1dayセミナー開催中

6月24日(水)・・・オンライン 10:00〜13:00
6月27日(土)・・・オンライン 12:00〜15:00・・・残席1
7月4日(土)・・・オンライン 13:00〜16:00
お申し込みはこちらのフォームから

投稿者プロフィール

ここの
ここの
Vision Quest主宰
東逗子#910(ここのつ島(とお))オーナー
はぴきゃりアカデミーVision Quest校主宰 

大学卒業後就職した会社を、妊娠を機に退職。子育てを中心に働きながら、自分の心の声を無視した仕事や家庭を顧みない夫との関わりから人生に行き詰まる。これをきっかけに、「自分とは何か?」という問いに向き合い始める。自己を知るプロセスで夫との関係性が再構築され始めると同時に、“湘南に暮らす”という長年の夢が蘇って、江ノ島のシェアハウスに単身入居。(以降、東京自宅との2拠点生活)
翌年「東逗子シェアハウス#910(ここのつ島)」を建て、“拡大家族”をコンセプトに住人と暮らし合う。
現在は、#910での暮らし・学び・遊びを柱としたVision Quest活動を通じて、“人生の可能性の扉を開く場”をつくっている。
i-colorオレンジ。

暮らしの中でいつの間にか人生のステージが一段上がる生活

th_IMG_0152

ここのつ島は、湘南・東逗子の丘の上に建つ一軒家のコンセプトシェアハウス。
天井が高く開放感溢れるリビング、遠くまで見渡せる眺めの良いテラス、多様性を尊重し合うゆるい拡大家族的な暮らしの中で、自分の人生に大きな影響を与える人との出会いが自然と得られる空間。
「今ここにいる事」を楽しみ、自分らしく素のままでいる事が、今のあなたに一番必要な「ラッキー」を呼び寄せる不思議な場所です。
楽しんでいるうちに気がついたら人生のステージが一段上がっていた、そんな経験をしてみませんか?